母乳が出ないピンチの時はココ|栄養を蓄えよう

家族

授乳期のママの体づくり

女性と赤ちゃん

授乳に必要な水分と栄養

母乳が出ない、足りていないとお悩みのママはいらっしゃいませんか。母乳の出には個人差があるため、たくさん出るママもいれば、思うように出ないママもいます。母乳不足を改善するには、まずは母体の栄養から見直してみましょう。母乳を作り出すためには、まず水分が必要です。産後は体も辛く、赤ちゃんにつきっきりの生活で、ついつい水分を取り忘れてしまうこともありますが、しっかりと水分補給をして母乳の出やすい状態を作りましょう。また、ママの体を温めることも大切です。母乳はママの血液からできていますので、血流がよくなることで母乳の出も改善されます。水分不足や体の冷えで、母乳が出ないママにおすすめの飲み物は、タンポポの根を使ったお茶です。タンポポの根には、体の巡りを良くする成分が多く含まれており、母乳の分泌を促進させてくれます。体の巡りが良くなると、冷えも改善されていきます。タンポポの根から作られたお茶はノンカフェインなので、普段飲んでいる水分の代わりに飲んでも安心です。なるべく、常温や温かいものを飲みましょう。体が冷えやすいママは、血行をよくする栄養素もしっかり取りましょう。妊娠中に積極的に摂取するように、と言われている葉酸ですが、葉酸は母乳が出ないとお悩みのママにもおすすめの栄養素です。赤血球を作るのに必要なビタミンB群の中のひとつが葉酸です。葉酸は卵黄や豆類、緑黄色野菜から摂ることができますが、水に溶け出しやすいという特徴があります。授乳期のママは一般人の2倍の0.8?の葉酸が必要と言われていますので、サプリメントなどを使うと効率よく摂取することができます。ただし、サプリメントを服用する場合には摂りすぎにも注意しましょう。葉酸は1日に1?以下が目安です。あまり悩みすぎず、体を温め、水分と栄養をしっかり取って、笑顔で育児を楽しみましょう。ママの笑顔は、赤ちゃんへの一番の贈り物です。